風俗の体験談の一つを頼りに、とある風俗へ向かいました。・・・そこは、かつて最愛だった人の臭いのする素晴らしい風俗でした。

激戦区での風俗はレベルも高い

風俗は営業している側にとってはビジネスですから、いろいろと真剣に考えないといけない事も多いと思うんです。こっちからすると遊ぶ側ですからそこまであれこれ考える必要はないと思うんですよ。だからか、風俗は激戦区と呼ばれているエリアの方が安心感というかレベルが高いんじゃないかなとは思うんですよね。激戦区の場合、こっちからするとそれだけ風俗の選択肢が多いって事だと思うんですけど、営業いしている側からすると、競合が多いんですから生半可なサービスでは淘汰されていってしまいますよね。価格はもちろんですけど、女の子のクオリティにしてもそうですよ。だから激戦区は大変だろうなとは思いますけど、でもこっちからするとその方が安心感があるから、女の子と遊びたいなって思ったら自分は風俗の激戦区に行くようにしていますね。こっちからすればお金を払う側でもあるんですから、出来る限りは高い満足感を得たいって思うのも当たり前ですからね。

やっぱり風俗街は信頼感がある

会社の近くに風俗街があるので、よくそこのお世話になっていますが、風俗街には言い知れぬ安心感のようなものがありますね。お店が多いって事は、それだけ競争意識も高いって事だと思うんですよ。仮にお店がポツンと一軒だけしかないってなると、お客はそこしか選べないんですから、お店側の言い分を呑まないといけない事になっちゃいますよね。でも風俗街だとその関係が逆になるんですよ。こっちが選ぶ側として楽しむ事が出来ますから。お店側も選ばれるよう、サービス面でかなり頑張ってくれるので、こっちの満足度も高くなるんです。だからか、会社の近くのお店は軒並みレベルが高いですね。その点では本当に安心感があります。どこに入ってもおかしな展開にはならないどころか、美人で可愛い女の子と楽しむ事が約束されているようなものですから、リスクを冒して違うエリアに行くよりも、今の環境で全然いいんじゃないかなって思います。これっぽっちも不満がないですから。
風俗情報なら、こちらのサイトもお勧めです。
《春の風俗祭り》には風俗面白体験談がイッパイ!

風俗嬢を選ぶのも楽しさの一つ

風俗はただ女の子に抜いてもらうだけが楽しいってサービスではないと思うんですよ。それがメインではありますけど、でもそれだけじゃないと思うんです。女の子選びだってかなり楽しいものになりますからね。風俗雑誌とかホームページを見ているだけでもなかなか面白いんですよ。次はどの子と楽しもうかなとか、どんな女の子がいるのかなとか。別に女の子を見たからって言っても必ず女の子と楽しまなきゃいけないって決められている訳じゃないですからね。だから自分自身、女の子を見ているだけでもいろいろと楽しめるよなって事を物凄く実感させられていますね。まぁ見ているとどうしてもムラムラきてしまうっていうのはあります(笑)本当はただ見ているだけの予定だったのに、気付いたらいつしか真剣になっていって、結局風俗店まで行く事になったり、デリヘル嬢と呼んだりするケースもありますけど、そうなった時は大抵女の子のレベルが高いですから楽しめますね。

気合いを入れるためには風俗

自分自身に気合いを入れなければならない時もあると思うんですよ。そういった時には風俗が一番です。男は女の子の前ではいろいろと格好付けたいって気持ちになっちゃうものですから、風俗に行く事で気合いが入るんですよ。相手の子との時間をどうやって楽しむのか。これをいろいろと考えるだけでも楽しいものですが、実際に肌をあわせてみると本当に興奮させられますからね。一番好きなのはソープです。あれは燃えますよ。ソープって裸と裸の付き合いじゃないですか。どのジャンルもそうですけど、ソープだけは特別かなって思います。特に終わった後の雰囲気が好きなんです。あのまったり感というか、二人で一緒に気持ちよくなって疲れてまったりしている空気が好きなんです。あれを味わう事で、次の日から頑張ろうって気持ちになりますからね(笑)むしろ風俗であれを味わうことをしなければ自分自身になかなか気合いを入れる事が出来なくなってしまっている自分がいるくらいですから。